空飛ぶ竹ガーゼ社

【 空飛ぶ竹ガーゼ社について 】

空飛ぶ竹ガーゼ社は、世界平和と人類の福祉に貢献することを目的に設立された人道的活動団体です。

国の内外を問わず、貧富の差別なく、いつ如何なる時も、常に中立の立場を貫き、TAKEFU GAUZE(竹布ガーゼ)『守布 - mamorinuno -』(まもりぬの)を通して人類の生命に常に寄り添い守ることを第一義として活動をしてまいります。

【 代表からの挨拶 】

1999年より開発を始めたTAKEFU(竹布)。2001年の9月に発見された、それに備わるたぐいまれなる抗菌力によりTAKEFU(竹布)の役割は決まりました。

「人が最も痛み苦しむその時に、そっと傷に寄り添い、ただ快癒を祈る一枚のガーゼ」

今、この場で未来のことを詳細に語ることは控えますが、ナファ生活研究所にとり、TAKEFU(竹布)にとり、そして、空飛ぶ竹ガーゼ社にとって、この言葉が永遠に変わらぬ道標(みちしるべ)となりました。

その姿を決して見ることは出来ないけれど、意思ある者の代行者、代弁者として、その職務を遂行するのみと私たちは考えています。良心という皆様の御手により、真に必要とされている人々にこの竹ガーゼ「守布(まもりぬの)」をお届け、お伝えして下さいますよう心より切に願っております。

一般社団法人 空飛ぶ竹ガーゼ社
代表理事 相田 雅彦

【 目的 】

世界平和と人類の福祉に貢献することを目的とし、 その目的に資するために次の事業を行う。

  • 守布 - mamorinuno - (竹ガーゼ)の普及
  • 日本人の心を育てる為に神社での『祓布』(はらいぬの)の普及
  • ホスピスなどで苦しむ人々にTAKEFU(竹布)で作られたヌイグルミやタオル等、TAKEFU製品の提供

【 会社概要 】

社名
一般社団法人 空飛ぶ竹ガーゼ社
代表理事
相田 雅彦
本社所在地
〒151-0051
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-37-3
電話 / FAX
電話:03-6432-9172 / FAX:03-6432-9173
設立
平成2012年11月7日

【 名称と標章 】

社名とその標章は対のものであり、GAUZE(ガーゼ)の意匠が物語や童話に登場する空飛ぶ絨毯に似ていることから空飛ぶ竹ガーゼと命名。